どんな達人にも初心者の時代があったのです!

Home | ミラクル エブリ デイ | どんな達人にも初心者の時代があったのです!

「なぜこの本を書き始めなければならないの?」

「他の人の方がもっと才能があるのに…」

「私にはステージに立って話をすることなんてできない」

「他の人の方がもっと上手くできるのに」

「なんだって! プロジェクトの立ち上げ?」

「弟子訓練のグループを始めるだって?」

「会議の進行役? 私が?」

「私じゃなく、別の人に!」

このように呟いたことがありますか?

 

でも、考えてみてください…歩くことを学ばないで走り出す人がいるでしょうか?

歌うことを学ばないで美しい歌を歌える人がいるでしょうか?

 

全ての素晴らしい計画は、いつかどこかでスタートしないことには成功もありえないのです。(そして、大抵多くの間違いや失望を経験しなければ…)

 

神様はあなたの心に夢やアイデアを植え付けました。あなたの魂に語りかけたのです。

 

「実に、私たちは神の作品であって、良い行いをするためにキリスト・イエスにあって造られたのです。神は、私たちが良い行いに歩むように、その良い行いをあらかじめ備えてくださいました。」(エペソ人への手紙 2:10)

 

神様はあなたが良い行いに歩むように、あらかじめ備えてくれました。

しかし、それは神様の力に頼って、神様の栄光のためになすべきです。

新しい仕事を始めるにしても、または、何か免許を取るにしても、何かの記事を書くにしても、神様があなたの心に植え付け備えたものに向かって、堅固な一歩を踏み出して欲しいのです!

 

神様がともにいれば必ずできます! 立派にやり遂げるでしょう!

 

あなたの人生に準備されている、よい働きを成し遂げるための力と決意を神様に求めましょう。

 

神様、あなたの呼びかけに答えます!  あなたは私の人生に計画を持っていることを信じます。あなたの栄光を表すためのよい働きと備えを、私に託してくださいました。あなたに信頼します。あなたの力で私を満たしてください。ピリピ人への手紙2:13で言われているように、あなたのみこころのままに、志を立てさせ、事を行わせる力を与えてください。

そうすればあなたの御名のために働きを始めることができます。日々、私を支えともにいてくださることを感謝します。イエス様の御名でお祈りします。アーメン

 

あなたの存在を感謝しています!