前に進み続けよう!

Home | ミラクル エブリ デイ | 前に進み続けよう!

高校生の時、ロード・オブ・ザ・リングを読みました。この物語が本当に好きだったので最後まで読んで物語を終わらせたくありませんでした。

皆さんはその映画をご覧になりましたか? メインキャラクターの一人に、追放された王・アラゴルンがいます。物語の中でアラゴルンが「ディムホルット」と呼ばれている道を進まなければならない場面があります。そこは死者の霊が出る山々の間にある道でした。死の軍隊が待ち受けているところです。そこにどうしてもいかなければならないのです…

 

「たとえ死の陰の谷を歩むとしても私はわざわいを恐れません。」(詩篇 23:4) 

 

死の影の谷を歩いているように感じたことがありますか? そこは、自分からは決して行こうとは思わないところです。誰でも、緑の牧場に横になり、いつまでも静かな水辺にいたいものです。…誰も、暗く危険な谷には行きたくありません…

 

しかし、時に私たちはこのような谷を進まなければならないことがあります。陰で覆われていて、とても暗い場所です。どうやって抜け出せば良いかわからず、恐れが心に溢れます。神様との繋がりさえも切れてしまいそうに感じる場所に…

 

ダビデは詩篇23篇である秘訣を教えています…それは…歩き続けることです!

 

「たとえ死の陰の谷を歩むとしても私はわざわいを恐れません。」(詩篇 23:4) 

 

ある日、神様は、私の友達ステパノさんにこの聖句を通して語りかけました。

ステパノさんは腎臓がんの宣告を受けていました。さらに脳にも転移していることがわかりました。医師の診断はとても悲観的なものでした。

彼は2つの手術に耐えなければなりませんでした。神様はこの聖句を通して語りかけました。彼は自分自身に「自分は今この死の影の谷にいる。でも、神様は歩き続けるようにと言ってるんだ。どんなニュースを聞こうとも、どんな状況になろうとも、神様を信頼して歩き続けよう!」と言いました。

 

私たちは彼のために祈りました。そして、神様は彼の人生に奇跡を起こしてくださいました。

手術を担当した外科医が「こんな事は今までに見たことがありません! 腎臓から脳に転移していた癌がただの腫瘍になっています!」と驚いて言いました。

 

ステパノさんが歩き続けたことは正しいことでした。今、彼は元気になり、喜びを持って仕事に励み家族を支えています。

 

決して、神様を信頼することをやめないでください。前に進み続けましょう。歩き続ければやがて、この谷を通り抜けることができます。

 

あなたの存在を感謝しています!