待ちきれないときどうしますか?

Home | ミラクル エブリ デイ | 待ちきれないときどうしますか?

種を植えたことがありますか?

農夫が種をまけば、たくさんの収穫のために、雨が降ることを願います。

時々、恵みの雨はなかなか降らなかったり、全く降らないこともあります。作物はしおれ、死んでしまったかのように見えます。それとともに収穫への希望もしおれてしまいます。

 

同じように私たちも皆、それぞれの人生や仕事の畑に種をまき、神様の恵みによって成長し、素晴らしい収穫が与えられることを期待します。

しかし、種まきから収穫までの間が、しばしばとても長く感じます。そして、もう待ちきれないと思うかもしれません。

 

この農夫のようにあなたも今日、次のように語る神様に信頼するよう勧められています。

「わたしは、彼らにも、わたしの丘の周りにも祝福を与え、時にかなって雨を降らせる。それは祝福の雨となる。」(エゼキエル書34:26)

 

神様は時にかなって祝福の雨をあなたの人生に降らせます。勇気を持って、神様のあなたに対する約束をしっかりと握りしめてください。神様は天の水門を開き、あなたの種を成長させてくれます。神様は約束を忘れません!

 

一緒に神様に感謝の祈りを捧げましょう。

「主よ、私の人生に天からの雨を降りそそいでくださりありがとうございます。あなたは決して変わることのない誠実な方です。そして、あなたは決して偽りを言いません。私を通してなさろうとしている全てのことを感謝します。イエス様の御名によって祈ります。」

あなたの存在を感謝しています!