心の癒しが必要ですか?

Home | ミラクル エブリ デイ | 心の癒しが必要ですか?

深い傷を負った ことがありますか?

もちろん、そのような傷を負うときは、傷が化膿しないように、きれいに消毒しなければなりません。

傷と化膿は、私たちの感情における「怒り」によく似ています。私たちは誰でも、怒りたくなるような状況に出くわします。時には、その状況がとてもひどく、まるで心をナイフで切りつけられたかのように感じることがあります。

傷が深く、化膿するのは「怒り」です。時に私たちは、怒りをねかせてしまいます。まるで醸造するかのように。

その怒りをほっておくと、化膿し、状況を悪くします。やがては私たちの人生を脅かすほどになります。

また、怒りは私たちを暴力へと陥れることがあります。だから、私たちの心にとって、傷を手当てし、怒りを無視しないことが大切なのです。

 

「苛立ちは愚か者を殺し、ねたみは浅はかな者を死なせる。」(ヨブ記5:2)

 

あなたは愚かな人ではないはずです。だから私は今朝、怒りの危険性をお伝えします。

もし、このことが心に響いたなら、イエス様があなたの希望です! イエス様はあなたのために死んでくださったのです。あなたは完全に自由なのです。怒りからも自由にされたのです。

 

一緒に祈りましょう。

「主よ、私にはあなたが必要です。この怒りから私の心を癒してください。私の思いを聖くしてください。私の生涯と魂を心配してくださりありがとうございます。完全な癒しを感謝します。イエス様の御名でお祈りします。アーメン」

 

もし、あなたが誰かの怒りによって傷ついているとしたら、その相手のためにも祈ることができます。神様は奇跡をおこすことが出来ます! 実は、神様は奇跡を好まれます。奇跡は神様に栄光を帰し、私たちの目を開いてくれます。だから今神様にゆだねましょう。神様はあなたを自由にし、あなたの心を癒してくださいます。これまでの古い習慣、癖を手放しましょう。神様こそあなたの未来です。神様こそあなたの力です。

あなたの存在を感謝しています!