忙しすぎて祈れないですか?

Home | ミラクル エブリ デイ | 忙しすぎて祈れないですか?

圧倒されて霊的な砂漠にいるように感じたことはありますか?

私はしばしばそのようになると、東京近辺で長い散歩をするようにします。

渋谷、上野、池袋で電車を降りて数時間歩きます。散歩中の祈りはおもに神様に耳を傾けることです。今日もこのような散歩が必要だと感じます!

あなたが私のようであるかどうかはわかりませんが、私は、注意しないと、予定表はすぐに会議ややることでいっぱいになってしまい、私の時間は色々な活動で「消費」されてしまいます。

あなたも注意しなければ、すぐに圧倒されます。その結果、影響を受けるのは神様との関係であり、祈るのが困難になります。

それでも、祈りは土台です。ダリヨス王の治世、預言者で重要な指導者であったダニエルは、1日に3回祈りの時間を取っていました。

 

彼は職業上の責任を神様との関係以上に優先にはしませんでした。神様への祈りが違法になっても、彼は周りの反対にもかかわらず、祈る時間を故意に取っておきました。 (ダニエル6:8-12を参照)

 

ダニエルは、どんな犠牲を払っても、祈り続けました!

あなたにとって祈りは、優先順位のどこですか? それは常に第一ですか、それともあなたのスケジュールは主との時間を締め出していますか? 今朝、もう一度定期的な毎日の祈りの道を選ぶことをお勧めします。神様との交わりの時間をないがしろにしないでください!

 

「絶えず祈りなさい。」 (1テサロニケ5:17)

 

聖書が絶えず祈るように求めているのなら、それは可能だからです! これについては明日話します…

一緒に祈りましょう…

「主よ、私は今始めます! 私のスケジュールをあなたとの祈りの時間よりも優先していたことを赦してください。犠牲を伴っても、しっかりと祈りたいです! あなたとのこの美しい交わりに感謝します。イエス様の御名によって祈ります。アーメン」

あなたの存在を感謝しています!