怒りが根を張らないようにしましょう!

AMED_image_12.14

Home | ミラクル エブリ デイ | 怒りが根を張らないようにしましょう!

私たちにとって怒りは自然の感情です。ただ自然な感情というだけでなく、ある状況では正しいものです。

クリスチャンとして私たちは、怒りは神様を喜ばせるものではないと考えます。しかし、怒りそのものは罪ではありません。時々、神様も怒りました。(ローマ人への手紙1:18、エレミヤ書10:10)

時に、怒りは悪や脅しに対する正しい反応です。その感情が私たちを守ったり、勇気づけたりすることもあります。

 

しかし、聖書は怒りを持ち続けないように教えています。「怒っても、罪を犯してはなりません。憤ったままで日が暮れるようであってはいけません。」(エペソ人への手紙 4:26)

 

長い間怒り続けた経験がありますか? 怒りが留まり続けるのを許したことがありますか?

冬の焼き芋を思い浮かべてください。寒い日には最高ですよね。たとえ最高でも、長い間焼き芋を握っていると火傷してしまいます。

 

神の言葉である聖書は、この感情を長く持ち続けないように勧めています。

怒りを長く持ち続けると、憤りとなり、苦々しさとなり、赦さない心と発展してゆきます。そして、それはあなたの魂を毒してゆきます。

 

いいアドバイスがあります。あなたの心に怒りの気持ちが湧き上がってきたとき、すぐに神様の御手に渡すのです。神様の御手をあなたの心に置いていただくように頼み、日が暮れる前に、少しでも早くその怒りの時間をやり過ごすことができるように、助けを求めるのです。その日のうちに!

 

神様の祝福がありますように!

心を静め、時間をとって、神様の言葉に耳を傾けましょう。カリスネットの今週の詩篇です。


あなたの存在を感謝しています!

あなたに毎朝このミラエブを届けるのを楽しみにしています。

神様の祝福がありますように!.

* 必須

はい、(私は16歳以上です)プライバシーポリシーに同意します。

コメントを残す