愛しましょう…でもどうやって?

Home | ミラクル エブリ デイ | 愛しましょう…でもどうやって?

私たちの人生の中で最も大切なものは愛です。聖書にはこのことがはっきりと書かれています。「愛しなさい」ということよりも大切な戒めはありません。私たちは愛のために存在しているのです。なぜなら、私たちは愛されているからです。聖書に、「まず、神が私たちを愛してくださった」とあります。

 

でも、私たちは、ただ他の人に忍耐し、礼儀正しくし、その人を好きになれば良いということではありません。それだけではなく、他の人を愛さなければならないのです…でも、どうやって?

 

コリント人への手紙第一13章は愛の章としてよく知られている有名な箇所です。私たちがどのようにして他の人を愛したら良いか、いくつかの助けになることが書かれています。今朝は、「他の人の良いところを見る」という一つの愛し方に集中してみましょう。

 

良いところを見る「愛」です。それは他の人を「悪い人」だと疑って見ないということです。その反対に、他の人の良い点に期待するのです。そうすることによって自分自身が変えられ、私たちの周りの空気も変わります。

 

愛は、いつも神を信頼し、いつも最も良いものに目を止め、決して過去のことにとらわれず、ゴールを目指して進み続けます。(メッセンジャー和訳 コリント人への手紙第一 13:7)

 

他の人からがっかりさせられたり、ひどい仕打ちを受けたとき、イエス様は私たちの失敗にもかかわらず私たちの良いところに目を止め、私たちを信じてくださることを思い出してください。イエス様のようになりましょう!

 

今日、出会う一人一人についてその人の良いところを考えましょう。その簡単な方法によって愛することができます。

 

あなたに今日、祝福がありますように、そして、あなたが誰かの祝福となりますように!

 

あなたの存在を感謝しています!