神様の答えは本当に遅れているのでしょうか?

Home | ミラクル エブリ デイ | 神様の答えは本当に遅れているのでしょうか?

何かを長く待っていて「遅すぎる」と思ったことがありますか?

私たちの誰もが、病院の待合室で長く待たされた経験があります。時に、待つことに意味や結果があります。その意味を考えてみましょう。しかし、あまりにも多くのことに、あまりにも長い間待たされているように感じるのも事実です。「長すぎる!」もうこれ以上待つことができないくらい…いい加減に待合室を出たいと思うはずです。

 

「神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠を与えられた。しかし人は、神が行うみわざの始まりから終わりまでを見極めることができない。」(伝道者の書 3:11)

 

あなたに与えられた約束から、その実現までにどのくらいの時間がかかるのでしょうか? 神様はあなたのことを忘れてしまったのでしょうか?神様はあなたに答えてくれるのでしょうか?神様は嘘をついたのでしょうか? もちろんそうではありません!

 

神様はあなたのことを忘れることなどできません。無視しているわけでも、何か良いものを冷淡にもあなたから取り上げているわけでもありません。では何が起きているのでしょうか? 待つということは、神様の約束の実現になくてはならない一つのステップなのです。「待つ」ことと「約束」とは切り離せないものなのです。

 

神様の待合室であなたの性格や人格が形造られてゆきます。待ち望むことの中で本当の信仰が生み出されます。神様がおられる隠された場所で神様と親しく関わり深く根を張るようになります。

 

待っているうちに、あなたは神様のことをもっとよく知り、何千もの雑音の中から神様の声を聞き分けることができるようにされます。そうして、神様が扉を開け、あなたが次のステップ、もっと高いところへ進む準備ができるのです。

 

静けさの中で忍耐し、待ちましょう。そして、神様に信頼するのです。神様の約束は近づいています!

 

あなたの存在を感謝しています!