終わりが始まりだったら?

Home | ミラクル エブリ デイ | 終わりが始まりだったら?

メル・ギブソンが監督した「パッション」を観ましたか?

日本の多くのクリスチャンは、キリストの十字架の描写があまりにも暴力的で生々しいとの理由で、この素晴らしい映画を見ることを躊躇しました。確かに、私は圧倒され、映画のほとんどは泣いていました。2度目に観たとき、妻と私は未信者の友人を山形の映画館に連れて行き、その後すぐに友人はキリストを受け入れました。私たちは思うかもしれません…「なぜイエス様はそのような残酷な方法で死んで苦しむ必要があったのだろうか?」

 

聖書は同じ質問をこのように問います:「キリストは必ずそのような苦しみを受け、それから、その栄光に入るはずだったのではありませんか。」(ルカ24:26)

 

そうです、イエス様はこのひどい苦しみに耐えなければなりませんでした。なぜでしょう? イエス様の死は、全世界の罪の完全な裁きのためだったからです! 私の罪とあなたの罪に値するすべての裁きです。

ですから、イエス様の死は栄光につながります。それは命の力―永遠の命―をもたらすものであり、それと比較できるものはありません。このように、イエス様の命の終わりは、イエス様にある私たちの人生の始まりです!

ですから、「死」の時期を通らなければならないときは、こう考えてみてください: 毛虫のように、もっと壮大で力強いものに変わるために、生き返り、実を結ぶように、まずは死なければなりません。

そうです、確かに…クレイジーです!…しかしそれは本当です:命は死から復活することができます。終わりが始まりに過ぎないならどうなりますか? それは聖書でのパターンであり、最悪の状況は最良の結果につながり、恐怖は栄光を産み出します!

あなたの存在を感謝しています!