赦し、赦し、そして再び赦しましょう。

AMED_image_15.9

Home | ミラクル エブリ デイ | 赦し、赦し、そして再び赦しましょう。

また赦しについて? 一週間前、私たちはすでに赦しについて考えました。では、なぜまた今日それについて話すのでしょうか? 記憶は戻ってくるものなので、傷の痛みを再び感じ、私たちはそれにこだわる誘惑に駆られます…そして私たちはもう一度赦す必要があります。

過去にインターネット上で私を中傷して傷つけた人のことを先日思い出しました。

その人を心の底から赦し、彼の最善を願っていたのに、突然過去の気持ちが戻ってきました。私は、少なくとも内心、イライラして怒りを感じました。私は行動を起こし、復讐したかったし、その人が苦労したことに満足していることを認めます…そうです、私はまだまだ未熟です!しかし、神様は明白に語っています。復讐は神様の役割であり、私たちのものではありません…

 

幸いなことに、神様は私に重要な真理を教えてくれました。私たちは赦し、そして再び赦さなければなりません。ある日、イエス様の弟子の一人であるペテロが尋ねました。おそらくイエス様と仲間の弟子たちに感心されると思い(笑笑、ペテロもまだ未熟でした) 、彼は尋ねました。「主よ、兄弟が私に対して罪を犯したなら、何回赦すべきでしょうか。七回までですか。」ペテロは頑張ったと思いますが、イエス様の応答には驚きます。490回です!!(マタイ18:21-22)

 

ここで、私たちは多分、誰かを赦すことは一度でも大したことだと思うでしょう。しかし、ペテロはそれを大きく超え、7回といったのです。ところがイエス様は、なんと490回とまで言われたのです!ありえないです!狂気の沙汰です!

誰かが私たちを490回傷つけることは可能ですか?ありえないですが、可能です。しかし、誰かが私たち傷つけたことを1日に何十回、数百回、あるいは1日に7回、70日間続けて(計490回)思い出せば、残念ながらこれはありうることです。

このような記憶が戻ってきて私たちを悩ませる時、再び赦す必要があるとイエス様は教えていると信じます。

 

この赦すことは選択であり、赦し続けるのも選択です。私は、傷つけられたあの人にこの選択をしました。私は同じ人を再び赦しました。それはまた傷つけられたからではなく、元の傷が再び痛んだからです。

勇気を出してください!私もあなたと同じです…再び赦す必要があるのはあなただけではありません!

 

私と宣言してください:「主よ、記憶が再び浮かび上がりました。そして今、私は私を傷つけたその人を再び赦すことを選びます。私は彼/彼女をあなたにゆだねます。そしてあなたが私の心から長引く痛みや苦々しさを取り除いてくださるよう願います。今日はあなたの自由を選びます!イエス様の御名によって祈ります。アーメン。」

あなたの存在を感謝しています!

あなたに毎朝このミラエブを届けるのを楽しみにしています。

神様の祝福がありますように!.

* 必須

はい、(私は16歳以上です)プライバシーポリシーに同意します。

コメントを残す